上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
真面目なこと書いてみようか。

本の紹介でも。

その前にコメント返信^^

相沢セイさま>コメントありがとうございます!
リンクしていただけるのは嬉しい限りです^^
セイって見て『PS2版キノの旅』のセイ君が浮かんでしまうような
私のブログで宜しければいつでも来て下さい!!


最後に。
拍手ください!コメントも!

海をみあげて

電撃文庫刊 日比生典成 イラスト/尾谷おさむ

ちょっと古いけど最近やっと読めたので。

「見て、鯨だよ」
なんて言いつつ、二人はいい関係(?)のようです。
二人が住むのは鯨が空を飛ぶ不思議な町。
きっとあなたも好きになります。
「あんなのが好きなんてお前もヘンなやつだな」

文庫帯より引用させていただきました。↑
真琴は空飛ぶ鯨が好き。でも鯨のことを良く思わない人もいる。
逆に、真琴の敵対する鈴村洋助をほかのみんなは
「クールでかっこいい」って言う・・・・・・。
鯨がでてくるとモーツァルトが流れる。流してる人がいる。
流している人が気になって真琴は音の源である洋館にたどり着く。
そこで真琴がであったのは・・・・・・?

内容の説明がうまく出来なくてすみません。 
内容的にはよくある話かなって思ったんですけど、空飛ぶ鯨っていう
非日常が一つあるだけで新鮮でした。
個人的にはお勧めです。ただ買って面白くなくても責任は負いません。
もし読んだ方いらっしゃったら感想聞かせてください。いないかなぁ。
これは完全なネタバレでちょっとヲタクちっくになるんで
伏字にしておきますが読みたい人はご自由に。

最後に真琴と洋助が互いに自分の手作りの鯨のぬいいぐるみとクラフトを渡しあって洋助が「かならず帰ってくる」ていうところが、CCさくらの桜と小狼のテディベアの渡しあいとダブる。
ものすごく。いや、いいんだけど。可愛いから(キモいな自分


本当は一緒に画像も載せたかったんですけどね。時間がなくて。
またなんか紹介したいですね。次はまともな小説で書こう!(願望

それでは!!
スポンサーサイト
2007.08.20
Secret

TrackBackURL
→http://missingsky.blog115.fc2.com/tb.php/9-4b8774ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。